Fashion is fun大草直子の着こなしサンプル

2024.04.01

【マノロ ブラニク】やっぱり この煌めきは特別! by 大草直子

1972年に自身の名を冠した靴ブランド「MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)」は設立されました。マノロ・ブラニク氏は、スイスのジュネーヴ大学で建築学と文学を専攻した経歴の持ち主で、構築的なフォルムの美しさと、靴の基本となる歩きやすさを兼ね備えたデザインは、唯一無二。大草もこれまで何足買ったかわからないほど、大好きなブランドです。

今週は、「MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)」GINZA SIX店にお邪魔してきました! 国内トップクラスの広さと、商品数の多さを誇る店舗で、日本の匠をコンセプトに、ミニマムでモダンなフロアデザインの中に、マノロ ブラニク ショップには不可欠な「リビングルーム」スタイルが組み込まれたフラッグシップショップ。リビングのような居心地のよい空間が、とても贅沢な気分にさせてくれます。

そんな「MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)」で、今季欲しいシューズを大草が厳選! 本当に欲しいものばかりで、どれにするか迷いに迷った大草が、選び抜いた4点をお届けします。

「MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)」と言えば、やっぱり「ハンギシ 」。並んでる靴たちを見るだけで、幸せな気分になれます♡ 「ハンギシ 」は、マノロ・ブラニク氏が、ヴィンテージバッグに付いた、ビジューバックルを見てインスパイヤされ、生まれたことは有名。100個以上のクリスタルガラスが煌めくバックルは、イタリアの職人がハンドメイドしているんだそう。この繊細な輝きを足元に置くなんて、とっても贅沢……。

存在を知ったのは「SEX AND THE CITY」。主人公のキャリーがとても素敵に履いていて、物語の中でとても大きな役割を果たしている存在。私の中でも憧れの強い、特別な靴です。

フラットシューズは3足持っているんだけれど、ヒールを持っていないので、今年はこれくらい高いヒールが絶対欲しい! 特に、今季のビジューはピンクやブルーなどいろんな色が出ていて、いつもの「ハンギシ 」とは少し違った雰囲気。以降出会えるかわからないからこそ、今年、正に、絶対、本当に、なんとしても、 買いたい(笑)。

私の足には「MANOLO BLAHNIK(マノロ ブラニク)」は合うみたいで、合わない靴だと頭まで痛くなることとかあるんだけれど、本当に疲れない! なので、これくらいヒールが高くて躊躇なく履けます。自社の工場で匠たちが話し合いながら1つ1つ丁寧に作り上げていくそうで、大量生産の靴には無い、足馴染みの良さと歩きやすさは別格。

とは言え、このお値段は簡単に買えるものではない(笑)。でも、ラグジュアリーシューズは、今日が1番安い! 明日安くなることはないから、早く買うべき、と自分に言い聞かせて買うことにします♡』(大草)

STYLING ITEM
パンプス〔H:7cm〕¥228,800/マノロ ブラニク(ブルーベル・ジャパン)

ニット/コラム(エストネーションで購入)
スカート/ドリス ヴァン ノッテン

※本ページに掲載している価格は、すべて税込みになります。

※ショップリストはこちらから

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top