Your style is you大草直子の信じるおしゃれ

2020.08.07

【人生はコーナーに表れる】大好きな「ヴィンテージ」と「色」をミックスした、オリジナルの世界観

インテリアのリレー連載。年齢もバックグラウンドも異なる8名のパリジェンヌをフィーチャーし、それぞれのご自宅のお気に入りのコーナーをお届けします。7人目は、初めての一人暮らしをスタートさせたばかりというゾエさん。その「配色の妙」に目を奪われる空間には、彼女のこだわりが詰まっていました。

味わいあるヴィンテージテイストで
オリジナルの世界観を表現

このアパルトマンには今年の3月に越してきたばかり。それまではママの家で弟と家族3人で暮らしていたから、私にとって記念すべき初の一人暮らしです。インテリアはまだパーフェクトではなくて、寝室にはラグを敷きたいし、リビングのカーテンも付け替えたい。ささやかなことだけれど、ディティールって部屋の印象を決める大切なポイントだと思うので。

ずっとヴィンテージファッションが好きで、わたしのクローゼットの100%はヴィンテージ。その影響で、室内装飾も古いモノが好きなんです。カラフルで独特な色使いや、味わいのある家具とオブジェをミックスして、私らしいオリジナルな空間を作る予定よ。

古き良きコロニアルな香り漂う、
リラクシングなリビング

引っ越し直後にパリがロックダウンに入ったので、8週間の自宅待機期間中はペンキを塗ったり、棚を設置したりと毎日家を整える作業に明け暮れていました。インテリアのテーマは、「エキゾティック・ヴィンテージ」。ミッドセンチュリーとコロニアルスタイルをミックスしています。

オンラインショップ「Menzzo(メンツォ)」で見つけたソファに、ガラスのローテーブル。肘掛けのあるひとりがけの椅子は「leboncoin(ル ボン コワン)」というオンラインストアのもの。3点とも70年代のヴィンテージです。そこにコロニアル調の絵画やラグを合わせてリズミカルにレイアウト。フォレストグリーン、ブラウン、マスタードカラーといったエキゾティックな配色で、異国情緒漂うリラクシングなムードに仕上げました。

プリミティブアートは、散歩途中に道端で拾った作品。残念ながら作家の署名はないが、エキゾティックな作風が好きで持ち帰り、ゴールドのフレームに額装した。シェル型の花器や、手のオブジェはヴィンテージショップで見つけたお気に入り。
リビングの壁は一面がレンガだったが、すべて白でペイント。緑のソファやアニマルラグが白い室内のアクセントに。ゴールドの大きな鏡はオンラインショップ「leboncoin(ルボンコワン)」で購入。
うさぎの”シャピー”は、ママから2年前のクリスマスにプレゼントされた大切な家族の一員。「おとなしい性格で、家具を傷つけないから家の中は自由に動き回れるようにしているの。この肘掛け椅子が大好きでここが彼の寝場所よ」。
50年〜60年代に大流行した「フォーマイカ」の家具で、当時はテーブルや椅子などに使われることが多かったから、4段の飾り棚は珍しいデザインだそう。懇意にしているパリのヴィンテージショップのオーナーからプレゼントされたもので、大切にしている品。


テラコッタを中心に
温もりあるカラーコーディネート

寝室のインテリアで一番こだわったのは、色のハーモニー。温かみがあって、心地いい部屋にしたかったから、メインカラーは大好きなテラコッタをチョイス。そこにアンティークゴールドやショコラをコーディネートしました。ベッドリネンは、麻、コットン、ベルベッドの異素材ミックスだけれど、トーンを揃えて統一感を出したわ。「フォーマイカ」のヘアドレッサーの上のティアラは、インドネシアの結婚式で花嫁がつける伝統的な冠。繊細な手仕事が美しくてお気に入りのオブジェよ。


廊下の一画をアートスペースとして活用

リビングからキッチンに通じる廊下の一画がアトリエスペース。子供の頃から絵を描くのが大好きだったけれど、飽きっぽい性格だから、一つの作品を最後まで完成させたことがなくて(笑)。でも、去年の9月に久しぶりに再開したら、楽しくなって、今は油絵に挑戦しています。ロックダウン中は、家のペンキ塗りのほかにキャンバスに向かってこの絵を描き続けていました。完成したら、アンティークのフレームに飾るつもり。シンプルなウッドのダークブラウンの額に収めようと決めてい るの。

いかがでしたか? 初めての一人暮らしとは思えないほど、彼女の世界観が色濃く反映された、素敵な住まいでしたね。リビングも寝室も、彼女のいうパーフェクトな空間が完成したら、またのぞかせて欲しいですね♡ さて、次回は、70代のマダムが住むミュージアムのようなご自宅をご紹介します。8月11日(火)にUP予定なので、お楽しみに。



Profile

Zoé HOTUQUI
(ゾエ・オチュキ)

パリ生まれ。パリの服飾専門高等学校「マリー・ローランサン」でクチュリエパターンを専攻。その後、メークアップ・アカデミー専門学校でメイクを学ぶ。卒業後はヴィンテージショップで経験を積みながら、ヴィンテージバイヤーとしてキャリアをスタート。現在は、仕事と平行して自身のショップを立ち上 げるために準備中。
@zoehtq


Photograph & Text/Hiroko Suzuki
Edit/Ayako Suzuki

【関連記事】
【人生はコーナーに表れる】ノマド的な自由さで、風通しのいい空間に
【人生はコーナーに表れる】壁や梁は真っ白にペイント。絵を描くように色を足して
【人生はコーナーに表れる】縫製工場をリノベーション。白とグリーン、そして光あふれる家
【人生はコーナーに表れる】家具も配色も、甘×辛のコントラストを効かせて

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top