Everyday happy大草直子の毎日AMARC

2019.04.28

生き方がきれいな人は、 きれいな背中をしている

きれいな背中に憧れます。
シミが1つもないすべらかな背中も、エレガントで美しいし。日焼けによる太陽のキスがステイする、ヘルシーな背中も好き。

自分からは意識しないと見えないパートだけに、「意識をして」見るようにすることで、今の自分が見えるような気がします。「背中で語る」「親の背を見て育つ」なんて言葉があるのも納得です。

色々と「考える」頭と、色々と「感じる」心。その中間に位置する背中。頭や心が疲れていたり落ち込んでいたりすると、てきめん、後ろ姿の輪郭はぼんやりとします。

ぐるっと肩から背中全体を、後ろに前に回したり。指を背中の後ろで組んで、脚の付け根から前屈。指を組んだこぶしは、そのまま上に突き上げて。暇を見つけては、背中をほぐし伸ばし。同時に頭や心もほぐして伸ばすように。

難しいことではないし、お金がかかることでもありません。
明日からなんて言わずに今から始めよう。毎日1分続けると、きっと背中のシルエットは変わるから。

ふいの背中を撮ってもらうと、色々と気づきがあります。あ、丸くなってるなあ、とか。落ち込んでるなあ、とか。ジャケットはイザベル マランです。
5月末に予約販売する、とあるブランドとのコラボワンピース。気に入りすぎて、もうサンプルを着てます(笑)。バッグはヘレンカミンスキー、ピアスはロンハーマンで購入、バングルはティファニーのボーンカフです。
シャツの後ろ姿も好き。正しいかたちが、背中のシルエットを凛々しく縁取ります。スカーフはヴェルメイユ パー イエナ、シャツはシーズンスタイルラボです。

KNIT STYLE
ニット/パリで購入

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top