Everyday happy大草直子の毎日AMARC

2019.09.25

【身体リセット3×3レシピ】なすとりんごの箸休め by 山脇りこ

週の半ばに差し掛かり、疲れが出てくる水曜日。そんな水曜日は、身体をリセットできるレシピをご紹介。教えてくれるのは、料理家の山脇りこさんです。気軽に手軽に、3つ以内の食材、3つ以内のステップで作れる「身体リセット3×3レシピ」をお届けします。


秋なすがおいしい季節になりました。同時に長野方面から順に今年のリンゴの便りも。

ふたつを合わせて、ささっとできる浅漬けを。

意外だけど、チーズと一緒にはさんで、サンドイッチの具にもおすすめです。

なすとりんごの箸休め

【材料(作りやすい分量)】
・なす(千両なす、12センチくらいのもの) 2本
・りんご 半個 (紅玉で作ると酸味が強く仕上がります)
・みょうが 2本

〈調味料ほか〉
・塩 小さじ1(塩もみ用)
★酢 小さじ2
★醤油 小さじ1
★きび砂糖(あればはちみつ、小さじ2) 小さじ1


【レシピ】
1. なすは、ヘタを取り、縞目に皮をむいて、縦に半分に切ってから、斜めうす切りにする。塩をまんべんなくまぶして10分おく。水気が出てきたら流水でもみ、しっかり絞る。

2. りんごは、皮をむいて、縦に3等分して芯をとり、斜め薄切りする。

3. みょうがは斜め薄切りする。★をポリ袋に入れて混ぜ、1と2を加えて軽く揉む。すぐ食べられるが、そのまま1時間ほどなじませるとよりおいしい。

※冷蔵庫で、2日間保存可能。

Naoko’s comment

りんごとナス!合わせたことなかったー。そして、大草家的には、2つとも、すこーしだけ残ってしまう食材。今度合わせてみます♡ 夏の疲れも取れそう!

Profile

山脇りこ 
料理家。旬を大切にした昔ながらの家庭料理に、海外生活や大好きな旅で得たモダンなエッセンスを加えて、“作る楽しみ”とともに提案している。テレビ、ラジオ、雑誌のほか、『いとしの自家製』『きょうから、料理上手』など、著書多数。すきあらば旅!で、ワインや日本酒、調味料の蔵、市場、レストランをめぐる旅をしている。無類の食いしんぼうで、通いつめる台湾では1日8食?!
FRaU(WEB)やFOODPORTでも連載中。代官山で料理教室主宰。
Instagram @yamawakiriko

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top