Everyday happy大草直子の毎日AMARC

2019.10.23

【身体リセット3×3レシピ】かぶとかぶの葉の明太焼き by 山脇りこ

週の半ばに差し掛かり、疲れが出てくる水曜日。そんな水曜日は、身体をリセットできるレシピをご紹介。教えてくれるのは、料理家の山脇りこさんです。気軽に手軽に、3つ以内の食材、3つ以内のステップで作れる「身体リセット3×3レシピ」をお届けします。


根菜のシーズン到来。かぶは火が入りやすくて、時間がない時の強い味方。

白い部分のアミラーゼには整腸作用があり、食べすぎた胃に優しく、葉には、風邪予防のビタミンCや、元気な髪や肌の味方ベータカロテンが。 両方使いきりましょう。

かぶとかぶの葉の明太焼き

【材料(2人分)】
・かぶ 4個
・かぶの葉 2個分ほど
・明太子 1腹(2本で1腹です)

〈調味料ほか〉
・植物油 小さじ2
・バター ひとかけら 10g


【レシピ】
1.かぶは、葉を3センチほど残して、半分に割る。皮をむく。

2.残ったかぶの葉は1センチほどの小口に切る。明太子はうす皮から身をはがす。

3.フライパンに植物油を引き、1をならべて中火にかけ、表面に焼き色がついたら蓋をして、2、3分焼く。バターと2を加え、全体をざっくりあえる。

※明太子はお好みで、塩昆布や、刻んだ高菜漬けでも。

Naoko’s comment

カブと明太子! 意外だけれど、きっと美味しい(笑)。カブ、一袋買うと、必ず少し余ってしまう(泣)。いつもお新香にしていましたが、そうか! こんなふうに活用すれば良いんですね♡ 昆布とも相性良さそうです。

Profile

山脇りこ 
料理家。旬を大切にした昔ながらの家庭料理に、海外生活や大好きな旅で得たモダンなエッセンスを加えて、“作る楽しみ”とともに提案している。テレビ、ラジオ、雑誌のほか、『いとしの自家製』『きょうから、料理上手』など、著書多数。すきあらば旅!で、ワインや日本酒、調味料の蔵、市場、レストランをめぐる旅をしている。無類の食いしんぼうで、通いつめる台湾では1日8食?!
FRaU(WEB)やFOODPORTでも連載中。代官山で料理教室主宰。
Instagram @yamawakiriko

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top