Everyday happy大草直子の毎日AMARC

2020.04.27

久しぶりに買った エルメスのカレ・ジュアン

カシミヤ70%、シルク30%という贅沢な素材を使用した、大判のストール、カレ・ジュアン。2枚所有しています。今から10年以上前、当時やらせて頂いていた「Grazia」という雑誌(現在休刊)で、何か嬉しいことがあり(笑)、購入したのがブラウン系の1枚。これがファーストタッチ。おそらく、「大草直子の」とタイトルに初めてつけて頂いたんだと思います。護国寺の講談社から、直接池袋西武のエルメスブティックで購入したのを覚えています。

こっくりしたブラウン、バーンド(焼けたような)オレンジ。当時の自分のワードローブにぴったりと合い、「ミラノマダムのような」を目指していた方向性をしっかりと支えてくれました。ブラウンのレザーブルゾンに合わせたり、ツイードのジャケットに、カシミヤのふっくらしたニット、コーデュロイのパンツにスタイリングしていました。しっとりと色っぽく、ふわりと暖かいのに軽いので、機内や社内の体温調節にも大活躍♡ もちろん今でも持っています。

スカーフ(カレ)は、今巻くとマダムっぽくなるかなあ、なんてしばらくお休みしていたのですが、先日久しぶりに、これだ! と思ったのがこのブルー、グレー、イエローがミックスされたもの。ハワイで見たため、ノースリーブの黒のワンピースにさらっと巻いて、次の瞬間には「買います」と言っていました(笑)。

以前のブラウン系のカレ・ジュアンと違うのは、その軽やかさとスポーティさ。顔映りも、顔立ちがこっくりと深く、というよりは明るくアクティブに見える! 嬉しい。先日は休日のデッキブランチに、ブルーのフィナモレのシャツに重ねてみました。もう少し暖かくなったら、白のTシャツとデニムにさらっと重ねようかな、と思っています。

シャツ/フィナモレ(シーズンスタイルラボ)
デニム/アッパーハイツ×大草直子
タンクトップ/海外で購入
ハット/メイドウェル

もちろん、秋はトレンチコートやコートと♡

コート/ロートレアモン
ニット/ジェームス パース
パンツ/ジョゼフ
メガネ/ラヴィド
靴下/ノーブランド
エコバッグ/ジョンスメドレーで頂いたもの
パンプス/プリティ バレリーナ

カレは、企画、デザイン、製作で2年、もちろんそれ以上かかるものもあり、巻いても良し、眺めても、そして飾って美しい。1枚1枚にタイトルとストーリーがあり、本当に、これは1枚のアート。買ってよかった、大事にしよう――と思っています。

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top