Everyday happy大草直子の毎日AMARC

2022.04.27

【身体リセット3×3レシピ】トマトと木の芽の冷麺 by 山脇りこ

週の半ばに差し掛かり、疲れが出てくる水曜日。そんな水曜日は、身体をリセットできるレシピをご紹介。教えてくれるのは、料理家の山脇りこさんです。気軽に手軽に、3つ以内の食材、3つ以内のステップで作れる「身体リセット3×3レシピ」をお届けします。


1年でトマトが1番おいしい季節だと思います。今頃の子たちは、皮までおいしいので、ザクザク切って冷たい麺にしました。

はじめにトマトに塩を振って、トマトから出てきた美味しい果汁を、めんつゆとしていただきます。塩味のさっぱりした麺。アクセントに、やはり今が旬の山椒の若い芽、木の芽をプラスしました。

麺はそうめんや細めのうどんがオススメ。私は去年取材で出会って、惚れ込んだ島原のそうめん。#島原そだち で、見つけてみてください。

トマトと木の芽の冷麺

【材料( 2人分)】
・トマト(あればフルーツトマトがよい) 中サイズ3個
・木の芽 6枝(3cmくらいのもの)
・麺(細めのうどんや、そうめん) 160g

【調味料ほか】
・塩 小さじ1/2
・酢またはレモン汁 小さじ1


【レシピ】
1.トマトはヘタを取り皮ごと1センチ角ほどにザクザク切る。ボウルに入れ全体に塩をまぶし、5,6分おく。

2.木の芽は太めの枝は取り除き、半分は細かく刻む。半分はそのまま使う。共に1に加え、酢も加える。

3.麺を表示通りに行で、ざるにあげて冷水でもむ。器に盛り2をこんもり盛る。

※2を冷たく冷やしておくのもおすすめ。

Naoko’s comment

トマトー! わかります。初夏がたいそう美味しい。スーパーには一年中並んでいますが、味が全然違いますよね。島原そうめん、そうだ、昨年買いそびれたから、今年こそ! やってみます♡


Profile

山脇りこ 

料理家。旬を大切にした昔ながらの家庭料理に、海外生活や旅で得たエッセンスを加えて、“作る楽しみ”とともに提案している。本連載をまとめた『疲れていてもこれならできそう! #食材3つ #3ステップで完成 毎日食べたい かんたん3×3レシピ 』 も絶賛発売中。また、旅好きで、最近は特に台湾ラブ。『台湾スープ ~ ぜんぶ日本の材料でできる、おうちで味わう台湾気分』(誠文堂新光社)や、台湾の歴史やおすすめの本なども紹介しているガイド本「食べて、笑って、歩いて好きになる、おとなのごほうび台湾」(ぴあ)、“新しいオニギリ”が楽しい「台湾オニギリ」(主婦の友社)と台湾に関する書籍も多数。代官山で料理教室<リコズキッチン>主宰。テレビ、ラジオ、雑誌ほか、『いとしの自家製』『明日から、料理上手』など、著書多数。
Instagram @yamawakiriko

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top