Everyday happy大草直子の毎日AMARC

2024.07.10

【身体リセット3×3レシピ】きゅうりとしいたけ、麩の甘酢じょうゆ和え by 山脇りこ

週の半ばに差し掛かり、疲れが出てくる水曜日。そんな水曜日は、身体をリセットできるレシピをご紹介。教えてくれるのは、料理家の山脇りこさんです。気軽に手軽に、3つ以内の食材、3つ以内のステップで作れる「身体リセット3×3レシピ」をお届けします。


地味なお料理ですが、しっとりとした麩の食感がアクセントの大人っぽい和え物です。白木のカウンターで、藤竜也さんがつまんでいるような(若い人はググって)。

きゅうりの和え物の中でも大好きなお料理なので、ご紹介させてください。冷蔵庫で冷やしていただくのも、おいしいです。


きゅうりとしいたけ、麩の甘酢じょうゆ和え

【材料(作りやすい分量)】
・生しいたけ(大きめ) 3個 60g
・きゅうり1本
・麩 (丁子麩など、硬めのしっかりしたものがよい) 8g

【調味料ほか】
・塩小さじ4分の1
*醤油 小さじ1
*砂糖 小さじ1
*ポン酢醤油 大さじ1


【レシピ】
1. 麩はぬるま湯につけて、柔らかくなるまで、ふやかす(麩によるが、15分から30分ほど) 完全に柔らかくなったら、水気をしっかり絞って薄切りにする

2.きゅうりは薄切りにし、塩をふってもみ込み、2,3分おいてから、キッチンペーパーやさらしに包み、水気をしっかり絞る

3.しいたけは石づきを取って薄切りにし、耐熱ボールに入れ、ふわっとラップをかけて600Wの電子レンジで1分半加熱する。水気を軽く切って、*を加えてよく混ぜ、1、2を加えて和える。




Naoko’s comment
藤竜也さんですね。なるほど、そうね。地味に見えるけれど、色気に深みがある、という感じかしら(笑)。食欲がない日←あんまりないけど も、さっぱり頂けそうですね。ガラスの小鉢に入れて(笑)!



Profile

山脇りこ 

料理家。最新刊は「50歳からのごきげんひとり旅」(大和書房)。50歳からゆるりとはじめた、自分を満たすひとり旅について綴った初の書下ろし本。本連載をまとめた『疲れていてもこれならできそう! #食材3つ #3ステップで完成 毎日食べたい かんたん3×3レシピ 』 も絶賛発売中。代官山で料理教室<リコズキッチン>主宰。「きょうの料理」「あさイチ」(NHK)などのテレビ、ラジオ、新聞、雑誌で家にある調味料でできて作りやすく、気取りすぎない、食べあきない家庭料理を紹介している。『台湾スープ ~ ぜんぶ日本の材料でできる、おうちで味わう台湾気分』(誠文堂新光社)や、『いとしの自家製』(ぴあ)、『明日から、料理上手』(小学館)、『1週間のつくりおき』(ぴあ)など著書多数。

Instagram @yamawakiriko

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top