Jewelry me up ― ジュエリーで体現する「私らしさ」 ―

2024.05.07

見る人の視線をさらう、強くてはかない”曲線美” by 和田麻里子【ファッションの目利きが選ぶ、BAR Jewellery】


個性を際立せ、スタイルを完成させる最後のピース。それがジュエリー。本企画では、ファッションの目利き3人が、トレンドを超えたサスティナブルなジュエリーブランド「BAR Jewellwery (バージュエリー)」から選びとったジュエリーを私服と合わせてつけこなします。

AMARC編集長の大草直子に続いて登場するのは、トゥモローランドのジュエリーバイヤーである和田麻里子さん。数多くのジュエリーを見て、触れて、身につけてきた彼女のジュエリーコーディネートには、顔まわりをモードに魅せるヒントが盛りだくさん。


#STYLE01

同じピアスを重ねることで増す、

ツヤと重み、そして奥行き

ピアス(ゴールド)¥36,300 ピアス(シルバー)¥30,800/ともにバージュエリー(エルディスト)

MARIKO WADA’S COMMENT
「ほどけていく結び目からインスパイアされたというピアス”UNRAVEL”をダブルづけしました。ピアスホールが片耳に2つずつあいているので、重ねづけを楽しむことが多いのですが、同じ耳に同じものをつけるスタイルがお気に入り。とくに、このピアスは、小ぶりだけれど、ぽってりと厚みがあり、立体感のあるデザインなので、重ねることで奥行きが増します。片方の耳にシルバーを2つ、もう片方にゴールドを2つでもいいですし、あえてミックスしても」

− MARIKO WADA’ S CHOICE −

ピアス(ゴールド)¥36,300 ピアス(シルバー)¥30,800/ともにバージュエリー(エルディスト)


\What’s her total coordination?/

「ジュエリーはピアスだけ、にしたかったので、それが映える白シャツに。なかでも、襟周りがデコラティブな白シャツを選び、視線が上がるようにしました。ボトムはデニムを合わせてカジュアルダウン。足元にはシルバーを差し、引き締めました」 ブラウス ¥79,200/ブーリエンヌ(トゥモローランド) パンツ ¥80,300/ガブリエラ コール ガーメンツ(スーパー エー マーケット 青山) シューズ/メゾン マルジェラ(和田さん私物)


STYLE #02

オーガニックな曲線が

首や顎のラインまで美しく

ピアス ¥35,200 ネックレスチェーン ¥30,800 ネックレスチャーム(月) ¥16,500 ※POP UP店舗のみでの展開/すべてバージュエリー(エルディスト)

MARIKO WADA’S COMMENT
「大振りのピアスは、一点投入するだけで、スタイリングのポイントに。BAR Jewelleryのデザイナーは、アパレルのデザイン経験もあるからか、人間の身体の曲線美を写したような、オーガニックなラインが魅力。フープピアスも真円ではなく、楕円、かつ湾曲しています。線が細いので、大きいものを選んでも、too muchにならず、アクセントとして効いてくれますし、つけ心地も軽やか。デコルテには、デフォルメされた月のチャームを足したネックレスをON」

− MARIKO WADA’ S CHOICE −

ピアス ¥35,200 ネックレスチェーン ¥30,800 ネックレスチャーム ¥16,500(月)※POP UP店舗でのみ展開/すべてバージュエリー(エルディスト)


\What’s her total coordination?/

「大振りのフープピアスは、遠目でも存在感が光るうえ、カジュアルからドレスアップまでマッチしてくれます。今回は、大好きな”柄物”とコーディネート。柄が引き立つよう、黒を入れずに、ニュートラルな色合わせを意識し、初夏仕様に」 シャツ ¥132,000 インナー ¥26,400 パンツ ¥71,500/すべてトゥモローランド ビー(トゥモローランド 渋谷本店) シューズ/メゾン マルジェラ(和田さん私物)



STYLE#03

トレンドのリボンモチーフを

静かにモードにまとう

ピアス ¥35,200 ネックレス ¥20,900/すべてバージュエリー(エルディスト)

MARIKO WADA’S COMMENT
「トレンドの”リボン”を模したピアス。甘さが前に立ちやすいモチーフなので、好みが分かれるかもしれませんが、このピアスは、しなやかなワイヤーワークのなかで、さりげなくリボンを表現しているので、顔立ちや合わせる洋服のテイストを選ぶことなく、顔まわりをモードに華やがせてくれます。ゴールドとシルバーがありますが、私は、基本的に辛口な雰囲気が好きなのでシルバーに。ネックレスでもシルバーをリフレインして、あくまでもクールに仕上げました」

− MARIKO WADA’ S CHOICE −

ピアス ¥35,200 ネックレス ¥20,900/すべてバージュエリー(エルディスト)


\What’s her total coordination?/

「アイキャッチにもなるボリュームのある袖に対して、ウエストはきゅっと締まっている、そんなコンシャスなフォルムに惹かれて、このブラウスを手に取りました。ただ、基本的に”辛派”なので、甘辛のバランスをとるべく、ボトムスはストンとした縦長のデニムスカート、靴はフラットなブーツに」 ブラウス ¥ 137,500/セシリーバンセン(スーパー エー マーケット 青山) スカート /ドリス ヴァン ノッテン シューズ/メゾン マルジェラ(ともに和田さん私物)



BRAND STORY
BAR Jewellery
(バージュエリー)


ロンドン発のジュエリーブランド。創設者であるSophie McKay(ソフィー・マッケイ) は、ロンドンやミラノの様々なラグジュアリーブランドで、 ファッションデザイナーを務めた経験を持ち、現在もデザインコンサルタントとして活躍している。

「BAR Jewellery」の”BAR”は、金属がジュエリーになる前の「原型=バー」になぞらえたもので、基本に立ち返るという考えに由来。アート、彫刻、建築、コンテンポラリーカルチャーへの情熱がデザインのインスピレーション源で、タイムレスなエレガンスとエターナルなシンプリシティーを感じさせる。マテリアルはすべて、100%リサイクルシルバーを採用。職人の手でひとつひとつ丁寧に作られている。



Profile

トゥモローランド
バイヤー
和田 麻里子


洗練された大人に向けた上質なセレクトショップ「トゥモローランド」のジュエリーのバイイングを担当。 凛としていながらも、遊び心を感じさせるジュエリー選びとそのコーディネートテクニックは視線を捉えて離しません。

Instagram:@mariko.wd



いかがでしたか? 最終回となる次回は、ファッションジャーナリストの塚本香さんが登場。数々のインターナショナル誌の編集長を歴任してきた塚本さんが選ぶジュエリーとそのコーディネートとは? 5月9日(木)に公開予定です。お楽しみに!

【お問い合わせ先】
エルディスト
TEL:03-4361-7243


※下記のPOP UP STORE開催期間中のお問い合わせは、トゥモローランド(TEL:0120-983-511)にお願いいたします。
<POP UP STORE開催期間>
4月22日(月)〜5月5日(日)
5月9日(木)〜5月19日(日)
5月23日(木)〜6月2日(日)
6月7日(金)〜6月16日(日)

※本ページに掲載している価格は、すべて税込みになります。


Photos / Ryo Kosui(cheek one)
Hair & Make-up/ Tomoko Kawamura
Edit & Text/Ayako Suzuki


【NEWS】
トゥモローランドにて
BAR Jewelleryの

POP UP STOREを展開!

4月〜6月にかけて、トゥモローランド各店(下記4店舗)で「BAR Jewellery」のポップアップストアが展開されます。通常は展開されていないアイテムを含め、ラインナップ豊富に揃うので、この機会、お見逃しなく!

【展開スケジュール】
4月22日(月)〜5月5日(日)
トゥモローランド 渋谷スクランブルスクエア店

5月9日(木)〜5月19日(日)
トゥモローランド ルクア大阪店

5月23日(木)〜6月2日(日)
トゥモローランド ルミネ新宿店

6月7日(金)〜6月16日(日)
トゥモローランド アミュプラザ博多店

>>詳細はこちらから

【関連記事】
大人の横顔に知性をもたらす、アーティなジュエリー by 大草直子

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top