Your style is you大草直子の信じるおしゃれ

2020.06.30

【崩れ知らずのマスクメイク】肌はセミマット。目元に少しのきらめきを by KIKKU

気温も湿度もぐんぐんあがるこれからの季節。ただでさえ、テカリが気になるのに、今年は「withマスク」。大草流の「withマスク」メイクのティップスは以前ブログでご紹介しましたが、今回は、ヘアメイクアップアーティストのKIKKUと後藤若菜さんに、それぞれの崩れ知らずの「withマスク」メイクを伝授してもらいました。

まずはKIKKUから。セミマットな肌の作り方から、ほど良く華やかなアイメイクまで、KIKKU流のマスクメイクは必見です!

\KIKKU流/
マスクメイクのポイントは?

  • KIKKU流マスクメイクの完成形。マスクあり
  • KIKKU流マスクメイクの完成形。マスクなし

「崩れの大敵「テカリ」は、乾燥による油分過多が原因。スキンケアを丁寧にしてあげたうえで、ベースの肌作りは、日焼け止め、下地、ファンデーション、そしてフェイスパウダーを薄く重ねる”ミルフィーユメイク”でセミマット肌に仕上げるのがポイント。また、チークは肌のベースが出来上がった後ではなく、フェイスパウダーの前。リップは最後ではなく、肌のベースが出来上がった後。といったように、メイクの順番を変えることで、よれたり崩れたりを防ぐことができます。目元はイエローベースのブラウンがおすすめ。日本人の肌に馴染むので、唯一出ている目元だけインパクトが強くなり過ぎることなく、今っぽさも手に入ります。下まぶたに少しだけ、ゴールドのきらめきをプラスすると、より華やかに」

✔ 薄く重ねる”ミルフィーユメイク”でセミマット肌に
✔ チークやリップは、普段と順番を変えて
✔ 目元はイエローベースのブラウン+少しのきらめきを


\HOW TO MAKE?/

<ベース&チーク>

A.ポーラ  B.A ライト セレクター(SPF50+・PA++++)〈45g〉¥11,000/ポーラお客さま相談室 Tel:0120-117111
B.ラ ロッシュ ポゼ UVイデア XL プロテクショントーンアップ ローズ〈30mL/SPF50+/PA++++〉¥3,400 /ラ ロッシュ ポゼ お客様相談室 Tel:03-6911-8572
C.エテュセ フェイスエディション(プライマー)フォーオイリースキン¥1,200/エテュセ Tel:0120-074316
D.ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー(2N ニュートラル)¥4,200/パルファン・クリスチャン・ディオール Tel:03-3239-0618
E.アディクション チークポリッシュ L (021 ラテライト※限定色)〈12mL〉¥2,800/アディクション ビューティ Tel:0120-586-683
F.NARS ライトリフレクティングセッティングパウダー プレスト N〈10g〉¥5,000/NARS JAPAN Tel:0120-356-686
スポンジ (黒)/ビューティーブレンダ(KIKKUさん私物)

1. 日中用日焼け止めクリーム(A)を顔全体に塗る。顔に塗ったあとは、首、デコルテ、そして耳にも塗る。顔以外のパーツも意外と日に焼けやすいので忘れずに。

2. 化粧下地(B)を、目の外側と口を結んだ三角地帯(写真下の水色の点線内)中心に塗ったあと、(C)のプライマーをテカリの気になるエリア(Tゾーン、小鼻、あご(写真下のグリーンのエリア))に塗る。

3. コンシーラー(D)を、下の写真のようにのせ、スポンジでぽんぽんと伸ばして、ファンデーション代わりに。「ディオールスキン」のコンシーラーは、しっかりとカバー力があるのに、伸びがよく、よれることもなく、厚塗り感もないので、コンシーラーとしてはもちろん、ファンデーション代わりにも活用できる、とのことでKIKKUのイチ推しでした。スポンジは、「ビューティブレンダー」のものを愛用。※amazonなどで購入できます。

4. リキッドチーク(E)を頬に、そばかすのように細かく置いてから、スポンジでとんとんと伸ばす。仕上げのフェイスパウダーをのせる前にチークを入れるのが、KIKKU流の崩れにくいマスクメイクのポイント。パウダーを上にのせることで、マスクでこすれて落ちやすいチークの持ちをよくしてくれます。

5. フェイスパウダー(F)をのせる。パフで顔全体にぱたぱたとのせたあと、くずれやすい小鼻や眉毛、目尻のあたりは、パフを折り畳んで丁寧に。最後に、大きめのブラシを使って、下から上に磨きあげるようにして仕上げる。


<リップ>

外出先でマスクをはずす可能性があり、唇に色が欲しいときは、ベース&チークが終わったタイミングでリップを塗ります。マスクにつかないよう、メイクの最後にティッシュオフしますが、リップを塗ってすぐにティッシュオフするより、先に塗っておくことで唇に色が定着するのだそう。

オペラ リップティント N(107 Orange Lily)¥1,500/イミュ カスタマーセンター Tel:0120-371367

1. リップは、唇の上に色が残るよう、ぐるぐると回しながら塗ります。「オペラ」のリップティントは、発色も美しく、ティントにしては珍しく潤いも保持してくれるので、唇の縦じわが変に目立ってしまう心配もありません。


<アイメイク>


A.THREE アルカミストツイストフォーアイ(X02 RUN AND RUN ※限定カラー) 〈6g〉¥3,500/THREE Tel:0120-898-003
B.アイシャドウ/ルナソル(KIKKUさん私物)
C.ヴィセ リシェ メルティシャープ ジェルライナー(BR320 ブラウン)〈0.1g〉¥1,000※編集部調べ/コーセー Tel:0120-526-311
D.資生堂 アイラッシュカーラー 213 ¥ 800/資生堂お客さま窓口 Tel:0120-81-4710
E.エレガンス カールラッシュ フィクサー¥3,000/エレガンス コスメティックス お客様相談室 Tel:0120-766-995
F.ヒロインメイク  ボリューム&カールマスカラ スーパーWP(01 漆黒ブラック)〈6g〉¥1,000/KISSME(伊勢半) Tel:03-3262-3123

1. アイメイクをスタートする前に、まぶたの油分をティッシュでオフして。このひと手間でアイメイクの持ちは段違いに。

2. リキッドアイシャドウ(A)を、まぶたの上に「Z」のラインを描くようにのせ、まぶたの下から上の向かって伸ばす。「THREE」のアルカミストツイストフォーアイシリーズは塗るときはリキッド状ですが、伸ばすとパウダーに変わり、ピタッとフィット。時間が経ってもよれないので、”KIKKU的一軍アイテム”の一つ、とのこと!

3. パウダーアイシャドウ(B)の、左下のカッパーカラーを、下まぶたにラインを描くようにチップでのせる。その後、右上のゴールドを、同じく下まぶたに、チップでてんてんとのせ、チップの裏側ですっと伸ばす(動画参照)。まぶたの下にきらめきを重ねることで奥行きが出て、印象的な目元に。

4. 綿棒の先をつぶし、目のきわの水分を軽くぬぐう。

5. まぶたを指で引き上げながら、まつ毛の隙間を埋めるようにして、アイライナー(C)でインラインをひく。目尻はにじみやすいエリアなので、目の大きさよりも長くひかないこと。また、アイライナーは黒より、濃いめのブラウンがおすすめ。ラインだけが強調されることなく、しっかり目元を引き締めてくれます。「ヴィセ リシェ」のアイライナーは、もう50本くらいはリピートしているくらいの、名品なのだそう。

5. まつ毛の上にのっているアイシャドウのパウダーや油分をコームまたはスクリューブラシではらう。

6. ビューラー(D)でまつ毛をカールさせたあと、マスカラベース(E)を塗る。ベースは、カールをキープしてくれるだけでなく、マスカラを落ちにくくしてくれる効果もあり!

7. ウォータープループのマスカラ(F)をまつ毛の根元から先に向かって塗る。

マスカラは下まつげには塗らない方がベター。マスクをしたまま呼吸すると、どうしても目元の湿度が上がってしまうので、いつも以上に落ちやすく。そのかわり、3のステップで、アイシャドウを下まぶたにしっかりと塗って、華やかさを出して。

こちらもおすすめ!

THREE ディメンショナルビジョンアイパレット(06 REVEAL YOUR BEAUTY)¥6,500/THREE Tel:0120-898-003

上でご紹介した「ルナソル」のアイシャドウは限定色で私物のため、今買えるおすすめをKIKKUに聞いたところ――「THREE」のディメンショナルビジョンアイパレット(06 REVEAL YOUR BEAUTY)とのことでした。上まぶたにひいたリキッドアイシャドウ(A)を下まぶたにすっとひいて伸ばしたあと、左上のゴールドを、上の動画の要領で”てんてんのせ”してあげればOK。そして、このパレットも、”KIKKU的一軍アイテム”の一つなのだそう。肌を透過させるような独特の質感ながら、発色も美しく、4色すべて捨て色がなく、単色でも重ねて使っても、旬顔にしてくれるのだとか。


〈仕上げ〉

1. リップをティッシュオフする。唇にティッシュをのせたあと、指でそっとティッシュをなぞる。一枚のティッシュを折りたたみながら、3回くらいティッシュオフを繰り返し、完全にティッシュにリップがつかなくなるまでオフする。

2. 最後の仕上げにフィックススプレーを吹きかけ、メイク崩れを防止。吹きかけ方は、ミストの噴射の強さや広がり具合によりますが、KIKKUが愛用している「メイクアップフォーエバー」の場合は、顔に直接吹きかけるのではなく、空中の斜め上に吹きかけ、落ちてくるミストをふわっと顔にのせて。10秒くらいそのまま動かず、自然に浸透させればOK。ハンドプッシュは不要です。

メイクアップフォーエバー ミスト&フィックス 〈100mL〉¥3,800/メイクアップフォーエバー Tel:03-3263-9321


<日中のお直し>

エテュセ フェイスエディション(パウダー)¥1,900/エテュセ Tel:0120-074316

1. 人差し指と中指をティッシュでくるみ、テカリが気になるエリアの油分をオフする。

2. ティッシュオフした部分に、付属のパフを使って、フェイスパウダーをのせる。「エテュセ」のフェイスエディションシリーズは、テカリたくない女性のレスキューアイテム。このパウダーをポーチにしのばせておけば、瞬時にテカリ知らずの透明肌が手に入ります。



【COLUMN】
withマスク」のヘアはどうする?

〈左〉Jeanloup エッセンスオイル〈100ml〉¥4,500Tillmans
〈右〉チャントアチャーム ディープモイストオイル F(フォレスト)〈60mL〉¥3,200※7月1日(水)より限定発売予定/ネイチャーズウェイ(チャントアチャーム) Tel:0120-070153

ヘアには艶があった方が良いので、セミウェットに仕上げて」とKIKKU。マットなマスクで顔が半分以上隠れるうえ、肌も、崩れにくく、テカりにくいセミマット仕上げなので、髪で艶を足すのが正解、なのだそう。そんなセミウェットヘアを作るのに必要なのがオイル。ブローをした後や、ヘアアイロンで巻いた後など、ヘアセットの仕上げに使って。オイルを手のひらにのせ、両手をすりあわせて、手のひら全体に伸ばしたあと、毛先から揉み込みます。保湿力重視で、こっくりと仕上げたい方は「Jeanloup」、軽いつけ心地がお好みの方は「チャントアチャーム」のオイルがおすすめ、とのことでした。


KIKKU流の「withマスク」メイク、いかがでしたか? 大草だけでなく、モデルやタレントからの指名も多く、雑誌はもちろん、照明が強く撮影時間の長いTVのヘア&メイクもこなすKIKKUのメイクメソッドは、参考になるところがたくさん! ぜひ、取り入れてみてくださいね。
明日は、ヘア&メイクアップアーティストの後藤若菜さんが登場。ヘルシーでいて、ほのかに女性らしさが漂う「withマスク」メイクを教えてくれました。お楽しみに!

※本ページに掲載している価格はすべて税別になります。


Profile

KIKKU
女性誌やカタログ、広告などで活躍し、大草も信頼を寄せているヘア&メイクアップアーティスト。トレンド感度の高さと、本当に使える美容アイテムを瞬時に見抜くセンスには定評が。
インスタグラム@kikku726

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top