Everyday happy大草直子の毎日AMARC

2019.11.15

シャネルの覚悟、孤独。 そして圧倒的な才能に触れて

先日、天王洲で開催されている、シャネルのマドモワゼルプリヴェ展に行ってきました。「マドモワゼルプリヴェ」とは、パリのカンボン通りにある、彼女のクリエイションスタジオに掲げられた言葉。

プリヴェは、英語で言うプライベート。自分の空間、才能が生まれる場所。自信を取り戻し、新たなビジョンを整理するスペース、みたいな意味だったのでしょうか。

いつでも新しく、いつでも革新的なオートクチュールのエスプリ。

自身のラッキーナンバーだった“5”を冠した伝説的なフレグランス。

1932年にデザインした、ダイヤモンドジュエリー。

誰もが難しいと思っていたこと。もしくは考えもつかなかったアイデア。虚像ではなく、リアルに生きようとしたデザイナーであり、着手であり、そしてクレバーな仕事人であったシャネルの、3つの世界観を、ここでは見ることができます。

黒を日常に着ることや、日焼けを楽しむこと。男性と肩を並べて、精一杯働くこと。今、私たちが享受している普通のことの中には、シャネルが始めたことがたくさんあって。もちろん、最初は眉をひそめられるようなこともあったかもしれないけれど、その勇気と決断力、未来を見る確かな目に感動しかない!

展示されている全てのもの、しつらえは素敵すぎて、夢のようであったのだけれど、先に述べたような、シャネルによって解禁されたことは、全部、実は私が好きなこと、目標にしていることであり。バッグや靴や、フレグランスや服を通す前に、既にシャネルのエスプリに触れている、ということがわかった展示でもありました。そんなデザイナー、ほかにいるでしょうか。

展示の仕方やプレゼンテーションにもワクワク! 写真も自由に撮れるので、感動を残しておける。

そして、予約開始後すぐに満席になった、というワークショップ(既に受付終了)にも参加。2週間毎に内容が変わるワークショップ。この日は、シャネルのアイコニックなモチーフを22金の金箔を貼ることで表現する、というもの。カメリア、ライオン、コメットの3種類から選びますが、迷うことなく、獅子(ライオン)を。そのためにパリから来日した職人さんにご指南いただきながら、こんな感じでできあがりました♡ あああ、絶対に再訪しよう。とっても楽しかったし、とってもインスパイアリングだった!

1人の女性の圧倒的な才能と、ビジネスマンとしての強さ。女性ならではの繊細さに触れに、是非行ってほしい!

入場は無料。最後にはキャンバス地のポーチを頂けて(笑)。とにかく、デザイナー、シャネルの美意識を知ってもらいたい! の一念であることがわかります。豊かで心が揺さぶられる1日でした。あ、12月1日までです!

昨日はシステムに不具合があり、ブログが更新できずごめんなさい!

カール ラガーフェルドへのオマージュ、高い襟付け、ブラックボウが美しい、オートクチュールのドレス。

〜お知らせ〜
11月のプレミアム会員向けレッスンの応募がスタートしました。「ワインを学びながら、おしゃれと人生を語る」という、かねてからやってみたかったレッスンです。開催場所は浜松。詳細はこちらをご覧くださいませ。

PREMIUM MEMBERS ONLY
プレミアム会員限定

こちらの記事や機能はプレミアム会員の
お支払い完了後にご利用いただけます。

プレミアム会員特典一覧

AMARCメンバーになる

プレミアム会員の方のログインはこちら

top